住宅購入に必要な諸費用とは

query_builder 2022/10/13
コラム
7

住宅を購入する際、住宅購入代金の他に諸費用を支払う必要があります。
住宅購入に関する税金や手数料などが含まれる諸費用は、原則現金払いです。
諸費用といっても物件によっては高額になる場合もあります。
今回は、住宅購入に必要な諸費用についてご紹介いたします。

▼住宅購入に必要な諸費用
住宅購入に必要な諸費用は、物件価格の3〜9%が必要とされます。
例えば3,000万円の住宅を購入する場合は、90〜270万円ほどの諸費用の準備が必要な計算です。
大きな額になる場合もありますので、事前の準備が重要といえるでしょう。

■共通する諸費用
新築・中古住宅・マンション・一戸建てでも、以下の項目が諸費用に含まれます。

・印紙税
・登録免許税
・司法書士への報酬
・不動産取得税
・固定資産税清算金
・融資事務手数料
・ローン保証料
・物件調査手数料
・火災保険料

■物件ごとの諸費用
物件の種類により、諸費用が必要な場合があります。

・修繕積立基金(新築マンション)
・仲介手数料(新築建売、中古一戸建て、中古マンション)

基本的な諸費用に加えて以上の諸費用が必要な場合があるため、物件購入時にはよく確認しましょう。

▼まとめ
住宅購入に必要な諸費用は、物件価格の3〜9%が一般的です。
購入前に見積書に諸費用が含まれているか、諸費用には必要な項目が入っているかきちんと確認しましょう。
諸費用は現金で支払う必要がありますので、見積もりに入っていないと支払い金額に大きな影響を与えます。
住宅を購入する際は、諸費用も含めた予算計画を立て、諸費用分を現金で用意できるよう準備しておくことが大切です。

NEW

  • 不動産の名義変更登記をしていないとどうなる?

    query_builder 2022/11/29
  • 査定前に家や敷地を掃除する必要はありません! |太田市 不動産査定

    query_builder 2022/10/18
  • 不動産を売却した後の責任とは。。 |太田市 不動産売却

    query_builder 2022/10/11
  • 地面の下に埋まっている物。  |太田市 不動産査定

    query_builder 2022/09/20
  • AI査定が流行っているらしいです。 |太田市 不動産査定

    query_builder 2022/09/09

CATEGORY

ARCHIVE