太田市の不動産査定・弁天堂不動産

の評判

空き家対策としての不動産売却の有用性について指導

昨今の主だった社会現象の一つである少子高齢化のあおりを受けて、全国的に空き家の増加が進んでおり、社会的にもその対応の大切さが呼びかけられていますが、そうした時代の要求に応えるべく、「空き家対策」にも力を入れています。

空き家の管理が行き届かずに放置してしまうと、後々トラブルに巻き込まれる可能性があるので注意が必要です。「街の不動産の相談役」として、空き家対策としての不動産売却の有用性についてしっかりアドバイスいたします。

売却プランの説明の際は専門用語に偏らないように丁寧に解説

基本的な不動産売却の方法としては仲介売却・自社買取があり、仲介売却は多少時間はかかりますが、時価相場での取引が可能なので、売却額は高額になります。また、中古住宅・中古マンションの場合は、内覧希望者への対応などが必要な場合があります。
サービスの流れとしては、まず物件の査定を行い、売主様と相談しながら販売価額と募集条件を決定します。その後、決定事項に基づいて媒介契約を締結して、募集開始となります。広告方法はネット・紙面・流通機構等を活用して広範囲に行われます。募集期間は一定ではありませんが、当初は3月以内での売却を一応の目標としています。成約時には仲介手数料が発生します。仲介売却・自社買取はそれぞれにメリット・デメリットがありますので、売却プランの説明の際に専門用語に偏らないように「お客様目線」に立って、丁寧に分かりやすくご解説いたします。
プラン

お客様情報をしっかり精査して適切な売却手法を判断

「すぐに現金化したい」「売却していることを周囲に知られたくない」などのご希望がある場合は、自社買取サービスがおすすめです。自社買取の第一のメリットはすぐに現金化できる点です。自社で直接買い取りますので、数日~1ケ月の間で現金化できます。また、仲介売却の場合は売れるまでは売主様に管理責任が有り、売れるかどうかわからない期間はストレスになりがちですが、自社買取の場合はそうしたストレスを抱えなくて済みます。
その他、販売活動は行わないので広告などで近所に知られることがなく、契約直後に具体的な入金予定日まで確定しますので、資金計画を容易に行えます。デメリットは、販売活動を行わないため仲介売却と比べると販売価額が安くなってしまう点です。仲介売却・自社買取のどちらの売却手法がお客様にとって有利かは、事前ミーティングにてお客様情報をしっかり入手した後に、担当スタッフがプロの見識を通して判別いたします。
判断

空き家の売却における留意点についてしっかりアドバイス

現在、団塊世代と言われた第一次ベビーブームの持ち家が相続物件として急増する一方、30・40代の新規購買層の人口が減少しています。その人口比は2:1であり、空き家問題(不動産が売れない問題)はこれから拍車が掛かっていく事が予想されます。
日本の少子化問題はかなり深刻な様相を呈しており、1971年の団塊ジュニアベビーブーム時は200万人であったところ、45年後の2016年では97万人に減少しています。人口減少が本格化していることで、件数で言えば住居は足りていることになりますが、新規の住宅は供給され続けるので、中古住宅や空き地は購買意欲を起こさせるそれなりの条件に適っていなければ、売却が見込めません。担当スタッフはこれまで、空き家対策として様々な物件売却を担当してまいりましたので、空き家の売却における留意点についてもしっかりアドバイスしてまいります。
アドバイス