不動産査定の流れについて

query_builder 2023/01/19
コラム
21

不動産を売却する際に行われる査定には、いくつかの過程があります。
売却を検討されている方の中には、一体どのような過程があるのか気になっている方もいらっしゃるでしょう。
今回は、不動産査定の流れについて解説させていただきます。

▼不動産査定の流れ
訪問査定を例に、流れを確認していきましょう。

①査定の依頼
不動産会社に不動産査定の依頼を行います。
実績や評判などを踏まえて業者を選ぶことが大切です。

②訪問日時の決定
査定の依頼をすると、不動産会社から訪問査定の日時を決めるための電話がかかってきます。
希望の日時を伝え、訪問査定の日取りを決めましょう。

③現地調査
訪問日時が決まったら、現地調査が行われます。
物件の状態だけでなく、駅から物件までの距離も査定の対象です。

④必要書類の確認
正確な査定額を出すために、必要な書類を事前に用意しましょう。
不動産査定に関わる書類として、以下の書類が挙げられます。

・登記済権利証
・測量図
・建築確認通知書

必要な書類が分からない場合は、不動産会社に確認しましょう。

⑤査定結果の報告
現地調査が終わった後、査定結果が報告されます。
査定結果が妥当かどうかを踏まえ、売却を検討しましょう。
分からない部分がある場合は、質問することが大切です。

▼まとめ
不動産査定は以下の流れで行われます。

①査定の依頼
②訪問日時の決定
③現地調査
④必要書類の確認
⑤査定結果の報告

スケジュール調整はもちろん、不動産会社の調査・必要書類の用意などの準備が必要です。
【弁天堂不動産(株)アスオン】では、不動産査定に関する相談を受け付けています。
気になることがある方は、一度お問い合わせください。

NEW

  • 不動産を他人に取られてしまうかも?「取得時効」のお話

    query_builder 2023/01/22
  • 引っ越しシーズン始まりました!

    query_builder 2023/01/17
  • あけましておめでとうございます!

    query_builder 2023/01/05
  • 空家の設備点検してますか?

    query_builder 2022/12/26
  • 分筆計画はプロに相談してからにしましょう

    query_builder 2022/12/12

CATEGORY

ARCHIVE