不動産査定に必要な書類について

query_builder 2022/12/22
コラム
17

不動産査定には、どんな書類が必要かご存じですか。
正確な査定をしてもらうためには、いくつかの書類を事前に準備しておくことが理想です。
また、戸建てとマンションでは、それぞれに必要な書類が異なります。
そこでこの記事では、不動産査定に必要な書類についてご紹介していきます。

▼不動産査定に必要な書類とは?
■戸建てとマンションで共通する書類
不動産査定をする場合、当該物件を明確にすることが必要です。
そのため、以下の書類を求められます。

①登記済権利証もしくは登記識別情報
②本人確認書類

事前に準備しておきましょう。

■戸建てで必要な書類
戸建てでは、以下の書類が必要です。

①土地の確定測量図
②間取り図面やリフォーム図
③購入時の売買契約書

戸建ての場合、土地に関する書類と建物に関する書類が必要です。
他にも耐震診断結果報告書や住宅性能評価書などがあれば、なお良いでしょう。

■マンションで必要な書類
マンションでは、以下の書類が必要です。

①分譲時のパンフレット
②管理規約
③使用細則

マンションの場合は、壁芯面積が査定額に影響を与えます。
そのため分譲時のパンフレットのような、壁芯面積がわかる書類が必要です。

▼まとめ
不動産査定に必要な書類は、戸建てとマンションとで違います。
戸建ての場合は、土地と建物の両方の書類が必要です。

マンションの場合は、建物と管理組合の管理規約などの資料が必要になります。
弊社は、不動産査定の実務経験が豊富な会社です。
少しでも不動産査定で不安がある方は、ぜひ弊社にご連絡ください。

NEW

  • 不動産を他人に取られてしまうかも?「取得時効」のお話

    query_builder 2023/01/22
  • 引っ越しシーズン始まりました!

    query_builder 2023/01/17
  • あけましておめでとうございます!

    query_builder 2023/01/05
  • 空家の設備点検してますか?

    query_builder 2022/12/26
  • 分筆計画はプロに相談してからにしましょう

    query_builder 2022/12/12

CATEGORY

ARCHIVE