不動産査定を受ける前に必要な準備とは?

query_builder 2022/12/15
コラム
16

「不動産査定を依頼したい」とお考えの方は、何か準備をすべきか不安に感じていませんか。
実はいくつか準備と確認をしておくと、不動産売却が有利になる可能性があるのです。
そこでこの記事では、不動産査定を受ける前に必要な準備について紹介していきますね。

▼不動産査定を受ける前に必要な準備
■住宅ローンの残高を確認する
住宅ローンが残っている方は、まず残高を確認しましょう。
住宅ローンの額より売値が低くなると、売却してもローンが残ってしまいます。
したがって、査定を依頼する前に銀行で残高を確認しておくことが必要です。

■書類の準備
不動産査定の段階では、最低限以下の2点を求められます。

①本人確認書類
②登記済証権利証または登記識別情報通知書

他にも売買契約書や測量図などがあれば、なお良いです。
しかし、まずは不動産の所有者であることがわかる書類を揃えるようにしましょう。

■修繕が必要な箇所を把握する
不動産に不具合がないかどうかを確認します。
具体的には、設備の故障や壁や床の凹みなどです。
正確な査定に必要な情報ですので、事前に把握しておきましょう。

■リフォーム歴が確認できる書類を準備
過去のリフォーム歴をまとめてください。
アピールポイントになるので、価格を上げる根拠になります。

▼まとめ
住宅ローンや必要書類などを準備すると、不動産査定がスムーズです。
また修繕箇所やリフォーム歴などを伝えられれば、より正確な価格を出してもらえます。

不動産売却を有利に進めたいという方は、事前の準備と確認をしてください。
弊社は、太田市でお客様の満足度を優先した活動をしております。
「理想的な売却をしたい」という方は、ぜひ弊社にご依頼ください。

NEW

  • ご子息の住宅購入費を援助する時の話(住宅資金贈与の特例)

    query_builder 2024/02/13
  • 売却時の査定は複数業者に出しましょう。 |太田市 不動産売却

    query_builder 2024/01/30
  • 土地に残された古い家は解体したほうが良い?

    query_builder 2024/01/16
  • 借地上の建物は売れるのか?

    query_builder 2024/01/09
  • 不動産屋さんは物売り商売ではないのです。

    query_builder 2023/12/17

CATEGORY

ARCHIVE