プライバシーを確保しながら任意売却をするには?

query_builder 2022/11/10
コラム
11

住宅ローンの支払いが滞った場合、せっかく購入した物件を手放さなければなりません。
その際、プライバシーを確保しつつ売却することはできるのでしょうか。
今回は、プライバシーを確保しながら任意売却する方法について解説いたします。

▼プライバシーを確保しながら任意売却する方法
■早めに決断する
住宅ローンの滞納を続けたままにしていると、住宅ローンを借りている金融機関から一括返済を求められます。

その理由は、滞納によって住宅ローンの分割返済の権利を失ってしまうからです。
プライバシーを確保しながら任意売却を進めるには、滞納した時点で早めに決断することが重要です。
自分のタイミングで売り出せますので、早めに対処することによって任意売却に取り掛かれます。

■不動産会社に相談する
なかなか決断できずに時間が過ぎると、金融機関に不動産を差し押さえられ競売にかけられます。
不動産が競売物件になった時点で、近隣の方々に住宅ローンの支払いが滞ったとわかってしまうでしょう。
そうなれば、プライバシーの確保は困難です。
任意売却でプライバシーを保つには、競売にかけられる前に不動産会社に相談し買取をしてもらうことです。

買い主を探して売却するのに比べると売却価格は安くなりますが、競売ではさらに安くなってしまいます。
業者による買取は即決即金での支払いですので、早く現金が手に入るのがメリットです。
この方法であれば、住宅を手放した理由が住宅ローンの支払いの滞りによる任意売却であることは周囲にわかりません。
そのため、プライバシーを確保するには最適です。

▼まとめ
プライバシーを確保しながら売却を行うには、早めの決断が重要です。
住宅を手放さなければならない事情を考慮してくれる不動産会社に相談することも、選択肢の一つとして考えておきましょう。
太田市を拠点とする弊社では、さまざまな不動産売却に対応しております。
任意売却のご相談は、豊富な実績を持つ弊社にお問い合わせください。

NEW

  • 不動産の名義変更登記をしていないとどうなる?

    query_builder 2022/11/29
  • 査定前に家や敷地を掃除する必要はありません! |太田市 不動産査定

    query_builder 2022/10/18
  • 不動産を売却した後の責任とは。。 |太田市 不動産売却

    query_builder 2022/10/11
  • 地面の下に埋まっている物。  |太田市 不動産査定

    query_builder 2022/09/20
  • AI査定が流行っているらしいです。 |太田市 不動産査定

    query_builder 2022/09/09

CATEGORY

ARCHIVE